保険金の請求と受取り

保険金を受け取る際には、大抵、何かしらのアクシデントにあっていることが考えられます。
病気、怪我、事故、死亡、家の倒壊、災害など、保険はそういったことに対処するためのお金を受け取るサービスです。

そのため、そういったアクシデントにあっている時に保険金の請求と受け取りをすることになるのです。
当然、そういったアクシデントに人間が遭遇すれば、相当パニック状態になります。

しかしながら、パニックになっているうちに保険金の請求が間に合わなくなる可能性もあります。
こちらではアクシデントに見舞われた際に、どういった方法で保険金の請求と受け取りをしていくかについて説明します。

・早めに保険会社に連絡する
とにかく保険会社に電話連絡してみましょう。
保険会社もそうした気が動転した方々の電話対応にも慣れていて、皆様を落ち着けてくれます。
ややこしい手続きなどはともかく、まずは保険会社に電話してみてください。
そして、保険会社からの指示に従っておけばなんとかなるでしょう。

・事故などの場合は警察も呼ぶ
事故などでしたら警察なども呼んで、現場の保全をしてもらわなければなりません。
現場を保全してもらったうえで、保険会社にも現場を見てもらい、どういう経緯で事故が発生したかについてきちんと正確な情報が残るようにしましょう。

・必要書類の確認
入院した際には医師の診断書が必要になることもあります。
生命保険でしたら死亡診断書も必要になってくるかと思われます。
しかしながら、いつでも必要というわけではありません。
これらの書類は有料なのですが、作らなくてもいい時もありますので、そこらへんはやはり保険会社に聞いておきましょう。

もっとも重要なのはやはり保険会社にすぐに連絡することです(事故などの場合は負傷者の手当て、消防・警察への連絡を優先させる)。
常に保険会社への連絡手段については確保しておくことをお勧めします。
保険会社の電話番号などを常に控えておいて、いつでも連絡できるようにしておきましょう!

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) そもそも損保って一体なんなの? All Rights Reserved.